審判ボランティアな一日

今日は群馬県沼田市で、小学生バレーの大会の審判ボランティアでした。

画像


見るからにキャッチボール(旧ホールディング)気味のセッターのいるチームの試合の主審を、いきなり第一試合で担当。

こらぁーキャッチボールの判定は厳しいものになるか?と予想されたが、結局キャッチボールの反則は6回くらいとりました。ところが全然後味の悪い判定でもなかったし、自分の出した判定に非常に満足してます。

決勝の副審もしましたが、スコアラーのコントロールと試合のコントロールをスムーズにこなし、こちらも満足しております。

後味のいい審判をすると、これから飲むビールの後味は美味そうだ!

でも、沼田駅から沼田市民体育館までの登り坂を徒歩で行くのは大変だったぁー。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

のぶさん
2013年05月19日 20:48
この間の地区の伝達会で「ん?」と思うプレーは
基本的にアウトなんだと確認ができました。
それよりも心配なのがディレーをちゃんととれるのか?
ってことです。
ふなきさん
2013年05月20日 06:48
のぶさん
疑わしきは吹かず!ですな。秋田はどーなってるんだろー。お世話になったチームが気になります。

この記事へのトラックバック