山形刑務所にて

保護司の仕事で山形刑務所に行ってきました。私の担当する受刑者と直接面会するためです。

DSC_8900_copy_800x600.JPG

受付で保護司証を見せて中に入り、刑務官のPW入力と指紋認証開閉のドアを通って奥の面会室へ。
テレビで見るようなプラ板の仕切りは無く、机を挟んで対面する形になってました。刑務官が監視する中、本人と約45分会話しました。
話の内容は守秘義務があるので言えませんが、私の質問に対し時には鼻が垂れるほど号泣する受刑者の姿が目の前にありました。受刑者の辛い思いと反省の念、更生への誓いを強く感じました。帰りの運転中、

はたして私の質問が受刑者を傷つけたのでは?

私の質問は正しかったのか?

するべきでない質問をしたのでは?

と私は自問自答していました。重い仕事です。でも、やはり本人に会ってよかった。書面で見る受刑者と実際に会う受刑者はやはり違います。これからの行動指針立案に役に立ちます。長距離運転ですが、山形まで来た甲斐がありました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント