防衛省への質問 

画像


2019年6月5日 秋田市議会全員協議会が開催され、イージス・アショアの新屋演習場への配備を検討している防衛省からの説明がありました。説明後、フロンティア秋田から倉田議員、後藤議員そして私の3名で8分間の質問が許されました。私の質問内容は以下です。

ふなき 中SAMレーダーを敷地内に入れ、演習場内①~④のポイントで中SAMレーダーからの電波をモニターした際 中SAMレーダーは各ポイントを向いて照射したと考えていいか?

防衛省 そのとおりポイントを向いて照射している。

ふなき その時のレーダーはどれくらいのパワーを出力しているのか?を教えてほしい。

防衛省 出力そのものは性能を明らかなるので申し上げることはできない。通常動作の中SAMレーダーを使う時の出力で実測した。

ふなき 北朝鮮がミサイルを発射したときに捕捉するような大きなパワーを出力しないと環境調査にならないと思う。それはどう考えてるか?

防衛省 中SAMの実測調査は、計算による値が妥当か?を確認するために実測でやってみたということである。北朝鮮の弾道ミサイルを把握するような出力で測定するような性質の実測調査ではない。

ふなき ならば机上計算値に合うかどうかを確認するためにパワーの設定をしたと考えてよいか?

防衛省 通常行うであろう出力で机上計算をしている。それに対応する形で同じ出力で実測している。

ふなき 通常行うパワーが気になる。何故そのパワーを決めた。?

防衛省 実際に中SAMを使う時のパワーを設定している。

ふなき それは北朝鮮から捕捉するのパワーとはレベル的には違うのか?

防衛省 あくまでも中SAMは弾道ミサイル防衛とは違う。計算値が妥当なものか?確認してみたところ明らかに実測値のほうが計算値より低いことが分かった。

ふなき 136mの見通しのいい場所での計算値に対し、実測値は1/2と大きくずれている。これは何故だと思うか?

防衛省 大気中水分、乱反射したり大地に吸収されたりして1/2以下になったと考えている。

ふなき 逆に言うと大気の状態によっては減衰しない状態もありうる。その状態では測定しないのか?

防衛省 机上計算値は真空状態で計算している。水分の影響は大きく差がでてくるものではない。

ふなき 乱反射の影響で差がでてきたという見解でいいか?

防衛省 平たんでない場所での減衰が大きいと考えている。

ふなき P-10 計算式の分母の個々の値が出てないのは何故か?

防衛省 レーダーの具体的な性能を明らかにしてしまうので出せない。全部掛け合わせれば、レーダーの性能(探知距離とか)そのものが明らかになる恐れがないので掛け合わせた値で提示した。

ふなき では掛け合わせた値2,581,659の際のレーダーパワーはいくらか?

防衛省 レーダーの性能にかかわるのでご了承願う。

ふなき レーダーのような非線形機器からは高調波等の不要波(Spurious)が発生する。それが他の無線設備の周波数帯に入り込むということはないか?

防衛省 専門家にも確認したが大丈夫である。

ふなき それは何故ですか?

防衛省 米国からアンテナパターンを入手し、不要波(Spurious)については問題ないことを確認している。

ふなき それは机上計算値ですか?

防衛省 机上計算値です。

ふなき いずれ住民から開示請求があった場合、それは開示可能か?

防衛省 アンテナパターンもレーダーの性能を明らかにするものなので開示はできない。

ふなき レーダー照射角と航空機の位置関係で4949m離れたところでは、レーダーは893mに達しそこに近い航空機は915mを通過する。差が22mしかなく、マージンがほとんどない。仰角がずれたり、航空機の高度がずれればクロスするポイントがでてくる。これは大丈夫か?

防衛省 電波環境調査の計算上では交わらないということで判断はしている。

ふなき レーダーの仰角があがる際に915mの(航空機のラインは)は更に近くなる。大丈夫か?

防衛省 仮に航空機が横切っても長時間当て続けるということにならない。航空会社への航空情報を発し航空を控えるということも考えられるので民間旅客機への影響は限りなく小さくなると考える。 

以上で時間切れでした。結論、防衛省は非常に小さなレーダー出力で現地調査を実施し、説明資料を作成したと推測します。説明資料は住民を納得させるための気休め資料です。

秋田市民の皆さん、だまされてはいけない!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

驚いた
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック